2022-01-12

レスポンシブでYouTube動画を貼る方法

YouTube動画を貼ってみます。

YouTube動画ページの共有ボタンから発行される埋め込みコードをコピーして、
クラシックエディターの場合はテキストモードで本文にコードをコピペします。
ブロックエディターの場合は「カスタムHTML」にコードをコピペします。

ちなみにiframe埋め込みコードのサービス(YouTube、Google Map、Instagram)を
レスポンシブwebデザインのテーマで使うには、
Embed Responsivelyで貼付けコードを発行するのが簡単。

Google Mapだとこんな感じ↓。

Minimal WP
広告設置もウィジェットから簡単!クリックされやすいテキスト下にウィジェットエリアを設けました。コールトゥアクション(お問い合わせ・資料請求・無料登録オファーなど)にも使いやすいです。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


本文エリア最後にもウィジェットが使えます。FacebookのLike Boxを貼付けたり、求人広告やバナー画像の貼付け、コールトゥアクション(お問い合わせ・資料請求・無料登録オファーなど)の設置にも使いやすいです。